無意識の出費ほど無駄なものはない

人と話していると自分が何にお金を使っているなわからない人がいます。

そういう人は総じてお金の管理がルーズで、お金について興味がありません。

お金を節約するためには、まず自分がどこにお金を使っているか知るべきです。

無意識の出費を認識する

まずは無意識にどこにどの程度のお金を使っているか確認してみましょう。

無意識の出費
使っていないのに毎月払うNHK受信料
昔使っていた有料アプリ
使用頻度が著しく低い有料サービス
携帯会社で入る有料の付帯サービス
当初無料お試しプランで入っていたプランが有料になっていた
家族の勧めでなんとなく加入した携帯プラン
当たり前と思っている光熱費
時間外に引き出すATM引き出し手数料
使っていないクレジットカード年会費
なんとなく会社で加入した保険費用

このように毎月無意識に払っているものを、より安いプランへ見直したり、退会することでことで不要な出費が削減され、無理なく月数千円の節約につながります。

毎月数千円節約することができれば、毎年かなりの金額の節約となり、その分好きなことにお金を使うことができるようになります。

自身で無意識の出費を確認する方法として、当たり前に加入しているものを見直すことが有効です。

また、知識がない中なんとなく加入したものも見直しを行うべきポイントです。

光熱費や保険、NHK受信料、携帯プランなどが典型的なものです。

このような無駄な出費を抑えることでお金の節約となり、節約したお金は投資に回すことで資産形成に活用し、より豊かな生活を行えるようになります。

今の社会人はなんとなく、成り行きに任せ生活している人が多いので、今一度自身の生活の中の無駄を探してみてください。

関連キーワード

Twitterをフォロー