FIREを実現するために必要な金額はいくら?自分自身に当てはめ計算してみる

「FIREを実現するにはどのくらいのお金が必要なんですか?」「具体的な計算方法について知りたい。」「副業による影響について知りたい。」

 

 

本記事では、そう言った疑問に回答します。

 

本記事はFIRE最速で経済的自立を実現する方法を参照し、まとめました。

記事のポイント
目標を決める
FIREをどう実現するのか?
引出し率はどうするか?
FIREを実現するために必要な金額はいくら?
副業による数字への影響
実際私もFIREに向け計算を行い、実現に向け少しずつ動き出しています。
この機会にともにFIREを目指しましょう

目標を決める

人により経済的自由の概念が異なり、そこにたどり着くまでに必要な金額には違いがあります。
そのため経済的に自由となろうと考えた時、まず目標設定が大切となります。

 

経済的自由は、
・何が本当に自分に喜びをもたらすのか?
・何が自分にとって重要なのか?

そうした問いに対して自分が素直になることが大切となります。

 

自身が「どのようなライフスタイルを望むのか?」考えてみてください。

 

目標は人によってそれぞれ異なるはずです。
・今後一切働かなくて良いように投資からの収益のみで生活できるようになりたい人
・アルバイトは継続しつつリタイア生活を満喫したいと考える人
・趣味をしながらストレスなく過ごしたい人
・海外旅行しながら生活したい人

 

この記事を見ている方は、FIREを目指している人が多いと思いますので、今回は「投資からの収益のみで生活できるようになりたい人」に必要な金額を計算していきたいと思います。

 

無論私もFIREを目指して計算しています。

FIREをどう実現するのか?

FIREは、投資からの収益で生活できるだけのお金を稼ぐことができるようになることで実現できます。
もしも、米国のS&P500に投資を行っていた場合、1989年からの20年間平均で6.4%のリターンを得られたそうです。

 

つまり引出し率をリターン以内に抑えることができれば十分生活費を補うことができることになります。
皆さんもここを目指していきましょう。

出典:WealthNavi「長期投資を成功させるための考え方」

引出し率はどうするか?

FIREを実現する現実的は方法として、投資からの収益で生活すべきと説明しました。

 

それでは実際引出し率はどうするべきか?

 

有名な著書では以下のように述べられていました。
FIRE最速で経済的自立を実現する方法
引出し率は3〜4%とすることで50年という期間でも資産が持つ可能性は高い

ウォール街のランダム。ウォーカー
死ぬまで資産が枯渇しないようにするには引出し率は4%にとどめるべき

 

上記著書では、株式の長期平均リターンは7%前後の中で3〜4%にとどめるべきと言っています。

 

こうすることでリターンの残り分をマーケットに投資したままとなり、資金を複利で増やしていくことができという訳です。

1億円投資して1年間で7%(1億700万円)に増えた場合
400万円引出しても1億300万円(初期投資額:1億円とリターン:300万円)が残る
来年度は1億300万円が7%の複利でどんどん増えていく

以上から引出し率は3〜4%にとどめるようにしましょう。

FIREを実現するために必要な金額はいくら?

先ほどの検討から投資資金の引出し率は3〜4%にすべきとなりました。

 

これらからFIREに必要な金額を実際に計算していきたいと思います。

 

具体的な計算方法は次のようになります。
「年間支出➗引出し率【%】=FIREに必要な金額」

 

もしも年間支出を480万円(40万円✖️12ヶ月)ほしいと考えている場合の計算は以下になります。

引出し率を3%の場合
480万円➗0.03=1億6,000万円
下記では引出し率と年間支出の何倍必要かをまとめています。
引出し率【%】 年間支出の何倍必要か?【倍】
33.33
3.5 28.57
25

もしあなたが引出し率を4%年間支出を300万円にしようとしたとすると、FIRE実現に必要な金額は次のように計算します。

300万円✖️25【倍】=7,500万円

つまり年間支出を300万円に見込む場合、7,500万円の資産があればFIREを実現できることを示します。

 

下記の章では、副業がFIRE実現に与える影響について考えていきたいと思います。

副業による数字への影響

上記ではFIREに必要な金額の計算方法について紹介しました。
この章では、副業をすることでFIRE実現に必要な金額を減らすことができる話をします。

 

副業はFIREに必要な金額を減らすことができます。
仕組みは簡単、副業の分稼ぐ必要がなくなるということです。

 

例えば引出し率を4%年間支出を300万円にしようとしたとすると、FIRE実現に必要な金額は次のように計算できていました。

300万円✖️25【倍】=7,500万円

次にこの人がブログで月20万円(年間で240万円)稼いでいるとします。
この場合、年間支出の内の大半を賄えてしまうことになります。

(300万円ー240万円)✖️25【倍】=1,500万円

つまり安定的に月20万円ほど稼げるのであれば、1,500万円の資産があればFIREを実現できることを示しています。

 

そして安定的な副業さえあれば、FIRE実現のためには思ったほど資産が必要ないということが分かると思います。

 

この機会に自身が目指すライフスタイルに合わせて計算して見てください。

記事の総括

今回、FIREを実現するために必要な金額について計算方法を説明しました。

 

記事の結論としては、FIREは年間支出の25〜33倍の資金を投資に当てることで実現できることがわかりました。

 

上記計算では求める年間支出が300万円の場合、FIRE実現のためには7,500〜10,000万円の資金が必要となります。

 

また、副業によりFIRE実現のために必要な金額を大幅に減らすことができることも確認できました。
安定的な副業さえあれば、思ったほど資産は必要ないのです。

 

年間支出はそれぞれのライフスタイルにより異なるのでこの機会に計算してみてください。

実際私もFIREに向け計算を行い、実現に向け少しずつ動き出しています。
この機会にともにFIREを目指しましょう。

参考:FIRE最速で経済的自立を実現する方法

著書では本記事で紹介した計算方法や考え方について詳細に書かれています。今後FIREを目指すのであれば参考にしてみてください

関連キーワード

Twitterをフォロー