SPGアメックスのApple Pay登録方法・あわせて実践すべきことも解説

SPG初心者
「SPGアメックスをApple Payに登録する方法が知りたい。」「あわせてApple Pay登録とあわせて実践すべきことが知りたい。」

 

 

こう言った疑問に答えます。

もくじ
SPGアメックスのApple Pay登録方法
SPGアメックス登録とあわせて「マネーフォワードME」に登録すべき
QUICPayのお得な利用方法

私はSPGアメックス歴5年で日常的にSPGアメックスを使っています。今現在17万ポイントほど持っています。

今年度も300万円ほど決済予定です。

 

日常的に使う中で感じることも踏まえ実体験をもとに記事を書いています。

すぐに申し込みを希望する方
紹介で申し込みいただくと合計7.5万ポイントお得にご入会頂けます。
公式サイトで申し込むより6000ポイントお得です。
周りに紹介者がいない方は下記からご入会くださいませ。

 

SPGアメックスのApple Pay登録方法

Apple PayはiPhoneを使ったキャッシュレス決済の一種で、SPGアメックスをApple Payに登録することで、QUICPayが利用できるようになります。

QUICPayがあれば上記のような表示がある店舗で2万円までキャッシュレス決済が可能です。ここではApple Payの登録方法を紹介します。

 

SPGアメックスをApple Payに登録するのは簡単で通常のクレジットカードを登録するのと同様の操作で可能です。

 

具体的には次の3ステップで完結します。

  1. Walletアプリでカードを追加する
  2. 必要事項を記入し登録する
  3. 認証コードを記入し登録完了

さらに詳しく知りたい方はアメックスのホームページに載っているので参照してみてください。

»SPGアメックスのホームページを確認する

SPGアメックス登録とあわせて「マネーフォワード ME」に登録すべき

Apple Payの登録と同時に「マネーフォワードME」に登録すべきです。

 

理由は細かなお金を流れを視覚的に把握できるからです。

 

例えばコンビニで100円程度の買い物を現金でしていた場合、わざわざ支出を管理している人は少ないはずです。

 

ただマネーフォワードMEでSPGアメックスを登録しておけば、事細かに支出を把握することができます。小さな支出でも積み上げていけばポイント獲得につながるのでばかになりません。

 

ただしマネーフォワードMEにもデメリットがあります。

 

それはQUICPayを使用し支払いを行った場合、全てQUICPayと記載されてしまう点です。QUICPayと記載されてしまうと何をどこで買ったのかが不明となってしまいます。※Suicaアプリと同様となってます。

対策として、通常のクレジット利用やアマゾンでの購入や電気代の引き落としでは名称が記載されているので使い分けを行えば問題なしです。

 

具体的には以下のように使い分けていきましょう。

明確に支出管理したいもの:クレジット払い

特に管理する必要がない支出:QUICPay払い

QUICPayのお得な利用方法

QUICPayは夫婦で共有できるので支出管理が簡単にできます。

 

例えば私の場合、奥さんとQUICPayと共有し日常的に買い物をSPGアメックスに集約してます。

 

奥さんが使う食費をQUICPay支払い

自分が使う外食費をQUICPay支払い

 

こう言った細かい支払いを集約することで6万ポイントほど貯めました。気になった人はSPGアメックスを作って一緒に積み立てていきましょう。

 

まずはSPGアメックスを入手しよう

SPGアメックスでは「入会キャンペーン」として、条件を満たすと75,000ポイントもらえるキャンペーンを展開しています。【2021年10月現在】

・入会後3ヶ月以内に10万円決済する:30,000ポイント
・入会後3ヶ月以内に30万円決済する:30,000ポイント
・紹介経由:6,000ポイント(お得ポイント)
・30万円決済:9,000ポイント

通常通り入会するだけでもお得ですが、紹介で入会すると6,000ポイント多く獲得できます。もちろん紹介による申込者のデメリットはありません。

 

身近にSPGアメックス保有者がいる場合はその方に紹介してもらってください。

 

身近に保有者がいない場合は私が責任を持って紹介させていただきます。下記お問い合わせフォームよりメールをお願いします。

    Twitterをフォロー